活動歴

三上 りあん(井元廣子)

<活動歴>
1947 大分県に生まれる。 5人兄弟の一番上。
1982 松浦加代子氏に師事
1983 創作紙粘土協会にて 創作紙粘土協会本部講師を7年勤め、通信教育テキスト作成やひかりのくにより「井元広子のぺったんこ人形」出版。
韓国、台湾講習など。
創作紙粘土人形全国展 グランプリ受賞
1990 特許技法となる立体型紙考案、創作紙粘土協会を退会。
アール・リベ人形学院設立。立体型紙を市販し、技法の普及指導にあたる。
2000 技法書「立体型紙でつくる人形」やその作品集など新風舎より出版。
2001 東京国際フォーラム アール・リベ展
2004 横浜赤レンガ倉庫 アール・リベ展
2005 京都文化博物館 アール・リベ展
沖縄県那覇市パレット久茂地 虹の家教室展 などの他、神戸北野坂ギャラリーでの個展。
2011 大阪御堂ホール心斎橋にて公募展主催。
創作人形コンクールMIDOW展2011 11月1日-3日